恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

年の差婚する前に!確認しておきたい6つのこと〜前編〜

結婚となると、どうしても年齢や収入、相手の家庭環境などが不安要素として考えてしまいます。
また年の差婚となると、同世代結婚とは違う心構えや対策を事前に考えておく必要があります。
ここでは年の差結婚をする前に、相手と確認しておきたいことをまとめました。

 

①仕事面

年上の男性には、バブル世代の方もいると思います。
その世代には仕事人間が多く、「家のことは妻の仕事」と考えやすい人もいるでしょう。
よくあるケンカでは、「家事がちゃんとできていない」「料理を毎日作らない」などです。
若き20代の妻には、「忙しいなかで毎週1回以上も料理を作るのは大変」が当たり前という、価値観がまったく違うことでケンカが起こるパターンです。
この点もお互い理解しておく必要があります。

 

②経済面

収入の面では、現在と未来の生活の違いを、よりリアルに想像することが大事です。
例えば、彼が年上なら現在は安定した生活でも、10年、20年後はどうか?と具体的に彼と話をしておいた方が良いでしょう。
カレが離職したらどうするか?子供が生まれたら?など、あらゆる場面を話し合っておくことで、後に何かが起きても、柔軟に対処できることができます。
相互理解した上で、結婚を考えていくと自信にも繫がりますし、彼との信頼も厚くなり、円満に事が進む可能性が大きくなります。

 

③環境面

年の差婚は、親を始め周りからの反対が付きものです。
周りとの環境を整理しないと、不安が大きくなります。
自分自身でも将来が不安の中、周りからの反対は辛いものがあります。
ここは不安要素を1つずつ解決していきましょう。
まず周囲が反対する理由は「あなたを心配していること」を理解することです。
相手との結婚が、年齢関係なしに、より良い家庭が築いていけることをアピールすることです。
その為に必要な要素の1つとして、相手の人柄などの「信頼性」があります
結婚する前に、相手がどういう人物なのか、親や周りの人たちに認知されることで、反対する人も少なくなるでしょう。

残り3つの「年の差婚する前に確認すること」は後編でご紹介しています。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加