恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

「好き」をカラダの動きで見抜く3つの方法

 

瞳孔でわかる

瞳孔が開いている状態はあなたに「興味をもっている」証拠です。
米心理学者のエックハート・ヘス氏が60年代の彼の実験で、瞳孔が感情に反応することを証明しています。
つまり瞳はウソをつかないということです。

「嫌い=瞳縮小」
「好き=瞳開く」

科学的な裏付けがあるので、まちがいなく好意を見抜くテクニックの1つです。
確認するのは簡単で、相手の「目がキラキラ」していれば、あなたに興味を持っていることになります。

 

「俺」「僕」が増える

会話中によーく聴いてみて下さい。
「俺と」「僕が」と一人称の主語が多いと、あなたに好意がある可能性が高いです。
人間の心理として、主語が増えることは自分を印象付けようとする心の動きがあります。「俺」と言うことで、自分の存在を強調しています。

例えば、「それ得意だよ」⇒「俺それ得意だよ!」とアピールを強くしています。
日本語は普段、主語を省略して話すことが多いので、注意して聴いてみると、あなたを意識しているのか会話で気づくかもしれません。

 

手の動きでサインを読み取る

手の動きによって、相手の潜在的な気持ちを知ることができます。
“ハンドランゲージ”と言われています。
心理学者・渋谷昌三さんの著書『3分でわかる恋愛心理学』で紹介されているテクニックです。

会話中に「手を握らず、リラックスして広げている」状態は、男性があなたに好意をもっているサインだそうです。
他にも「両手をテーブルの上などに広げている」「向かい合うテーブルの上の目障りなものを端にどけて、近づくように乗り出す」があります。
このような行為をしていれば、あなたに好意を抱いている可能性が高いです。

逆に好意ないサインとして、「鼻の下に手をあてたり」、「話をするとき、拳を握っていたり」があります。
退屈だったり、あなたに興味がなかったりなど、良い会話ができてないなぁと思ったらチェックしてみるのも良いかもしれません。
その相手との恋は、その時点では難しいと思っておいたほうが良さそうです。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加