恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

ダメなのわかってるのに…学校の先生を好きになる5つの心理

76.jpg_effected

 
「塾の先生好きになっちゃった」
「自動車学校の先生気になる」

禁断の恋の1つですね。
今まで経験ありますか?
私はないのですが、学生のころ、先生に恋をしていた友人がいました。
同窓会で赤裸裸トークをしてみたのですが、その友人は、当時とてもドキドキしていたそうです。
ちなみに女性です。
その恋はなにもなく、終わったそうですが、少々後悔の気持ちがあったようですね(笑)
現在は家庭に恵まれてお子さんもすくすく育っているようですが、その同窓会では、かなり語ってましたね。
「あんたもそれぐらいアグレッシブになったら?」
なんて余計なお世話を言われつつ(笑)

今回は「なぜ先生を好きになってしまうのか?」ということですが、
これにはいろんな人間心理がかくされています。
順を追って説明していきます。

 

生徒側の心理

まずはその環境です。
あなたが生徒の場合、教わる立場です。
人ははじめて何かを教えてもらったり、最初に色々なことを話したりしたといった「初体験」の相手は強く気持ちが惹かれます。
これを学習心理学では「学習処女理論」と言います。
これがまず1つ目

次にあなたは教えを乞うため、日々その先生と勉学に励みます。
つまり何度も会う環境です。
これが心理学用語で「単純接触の原理」
会えば会う程好きになる心理です、これが2つ目

でもなかなか個人で積極的に会えませんよね。
これは「ロミオとジュリエット効果」または「カリギュラ効果」と呼ばれるものです。
簡単に言えば、やってダメなのはわかるけどやりたくなる人間心理です。
先生と生徒の立場がより盛り上げるのはこの効果です、これが3つ目
まだ続きますよ〜。

あなたはとても勉強熱心です。
なので難しい問題に挑戦します。
しかし、上には上がいることにプレッシャーとストレスがたまります。
向上心が高ければ高い程です。
そんな不安定な状態の時、人間はその緊張感を恋愛感情のように扱うこともあるんです。
「吊り橋効果」って聞いたことありませんか?
意味は「揺れる橋での緊張感を共有したことが、恋愛感情に発展する場合がある」という心理です、これが4つ目

そして最後!
あなたはやはり先生のことが大好きだと確認します。
けど、受験もあるし先生との恋は叶わないと心で決めてしまいます。
でも好き。
叶わないからハマってしまうんですね。
この心理状況は「間欠強化」とも言えます、これが最後の5つ目

 

まとめ

いかがでしたか?
行動はシンプルですが、心理効果はこれだけたくさんあります。
もし今あなたが、「禁断の恋」をしているのであれば、お互いの立場を考えた恋愛をした方が良いでしょう。

学生なら
“「塾を卒業したら先生に告白していいですか?もう少し待っていてください」”と言った具合に。

「禁断の恋」はお互いが盛り上がる恋愛ですが、リスクも大きいです。
何を優先に考えるべきかが重要です。
「相手はどう思うか、どうなるか」
「周りはどう思うか、どうなるか」
「自分の現状は?」
と自分の心の整理をしてみると、次の行動が自ずとでると思います。
「禁断の恋」が悪い!ということではなく、自分の行動が今後どうなっていくか考えるのも,うまくいく方法の1つだと思います^^

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加