恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

また外れ?あなたに原因があるかも。友達から「いい人」を紹介してもらう方法

 

 

「またダメだった。。」
もしかしたら、あなたに原因があるかもしれません。
ここでは「友達からいい人を紹介してもらう方法」についてお話したいと思います。

 

恋愛力の前にコミュ力

さて、1番最初に気をつけることは「コミュ力=コミュニケーション力」です。
「いい人」を紹介してもらうためには、コミュニケーション力は欠かせません。
コミュニケーション力は言い換えると、情報を伝える力、また情報を受け取る力とも言えます。
紹介してくれる友人に、情報を伝える力がなければ、あなたの「好きなタイプ」がわからず、好みの男性に合う確率も低くなります。
また情報を受け取る力がなければ、「いい人」でも相手の良さ(悪さも含む)を見落としてしまうことにもなりかねません。
恋愛力や婚活力をあげる前に、始めに身につけておきたいスキルです。

 

紹介する友達の立場を考える

紹介してくれる友人はあなたにとってどんな存在ですか?
おそらく大切な人だと思います。
ここで相手の立場になり考えてみましょう。
紹介する友人は「あなたにいい人を紹介したい」気持ちがあります。
そしてうまくいくことを望んでいます。
ですので、紹介者は少なからず責任を感じています。
そんな中、あなたは彼女に何ができますか?
大事にしていくことは紹介してくれる友人との信頼関係。
紹介してくれるのは一度ではないかもしれませんし、あなた自身も紹介する立場になるかもしれません。
「このコにいい人を紹介したい」気持ちをお互い持ち続ける関係は、あなたのコミュ力、そして恋愛力もアップにも繫がります。

 

友達に頼む時の”言葉”

ではコミュ力もバッチリで友人との信頼関係も良好なら、次は友人に頼む時の“言葉”です。
ここではまず、あなたが真剣に探していることを紹介者に伝えなければいけません。
よくありがちなのは「誰か紹介して」と単純に言ってまわるパターンです。
本気で言っているのかも伝わりづらい行動ですよね。
友人にウンザリされて聞き流されたらヤバいです。
本気なら避けましょう。

 

では、紹介者に本気度を伝える為に使える鉄板ワードをご紹介します。

①「〜な人がタイプなの」←自分の好みを伝える
※相手に伝わりづらい抽象的な「優しい人がいい」などは危険です。

②「〜を始めたんだ」←本気度をアピール
ex)婚活、恋愛関連の習い事

③「私にも力になれることがあれば言ってね」←友達との友好関係を維持
※大人の友達関係は、お互いに助け合うことを優先するのが鉄板です。

 

まとめ

いかがでしたでようか?
紹介される時は、紹介する側にも労力がかかっていることを
忘れないで下さい。
あなたのため友人は、男性の選んだり、連絡のやりとりをしたりと仲介役として時間を使って動いてくれています。
例え、うまくいかなかったとしても、すぐに感謝の気持ちを伝えておきましょう。

ちなみに友達から「いい人」を紹介してもらえない女性のパターンはこちら↓

① 紹介しても長続きしそうにない恋愛観→「熱しやすく冷めやすい性格が定着」
② 男友達が不幸にしそう→「男性を振り回すタイプと定着」
③ 見た目に気を使わなすぎる→「男ウケが悪いタイプと定着」
④ 理想が高すぎ→「コミュ力がない」
⑤ 男関係がだらしない→「遊んでるタイプと定着」

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加