恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

彼氏と距離を置きたい時の伝えやすい状況4パターン

彼氏に別れを切り出す前に、「距離を置く」という手段を取る女性は多くいます。
ここでは距離を置くときのスムーズに伝えやすい一言をまとめました。

 

ケンカを理由に距離を置くパターン

ケンカしたことをキッカケに言い出すことができるパターンです。
「頭を冷やしたいから、距離を置かせて。」など
ケンカしてしまったことで「頭を冷やす」ので伝えやすいです。

ポイントは「距離を置かせて。」と提案すること。
それを受け入れない彼氏は冷静さを見失ってます。
もし応じないのであれば、次の手に移った方が良さそうです。
受け入れてくれたら相手のことをゆっくり考えてみて下さい。

 

忙しさをアピール

忙しさをアピールするパターンです。
仕事、身内、行事など、理由も考えやすいです。
彼との間に自然と距離を置くことができます。

ただ、距離を置きたいことをまったく告げないので、相手に危機感は伝わりません。
危機意識を持たせたい場合は、優しい対応ではなく少し冷たくしてみると効果があります。

 

脅すパターン

「嫌いになっちゃいそうだから」と彼氏を脅すパターンです。
彼は恐れを感じます。「別れ」を切り出されることに。
ポイントは彼に落ち度があったことを気づかせるコツ。
まだ希望があると思わせることで、距離を置きやすくなるテクニックです。

 

オブラートに包むパターン

「気持ちが冷めてしまった」とストレートに表現せずに、オブラートに包むパターンです。
「一人になりたい」というときは、「ほかの男性も見てみたい」という場合だけではなくて、「ちょっとゆっくり考えたい」とか「仕事がとにかく大変 」というニュアンスもあります。

もし相手が「どうしたの?」「何があったの?」と返答したら、その追及に対応する必要があります。
「今はゆっくり自分の時間を大切に過ごしたい」など、理由は明確にせずに伝えることがポイントです。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加