恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

彼氏と”円満に別れる”ための5つのステップ

 

STEP1:デートの誘いは断り、しばらく会わない期間を作って距離をおく

相手にもそれとなく察知してもらうことで、別れ話を受け入れやすくなる状況を作るのも効果があります。
そうでないと一回の別れ話では状況を理解できず、混乱したまま別れを拒否する事しかできない状況になります。
時間をかけて会わないことで「別れ」を冷静に考える事もできるようになります。

 

STEP2:前もって「大事な話があるから聞いて」とメールで伝えておく

お互いに心の準備をする環境を作ること。
男性は「大事な話があるから、、」とメールを受け取ると、別れると感づきます。
宣言することで自分の決心も固まるため、イザ本番になって勇気が出ないという失敗も回避できそうです。

 

STEP3:メールや電話で終わらせず、面と向かって誠実に話をする

最後だからこそキチンと会って話をするという意見が多いようです。
顔を見て直接話すのは最低限のマナー。

不完全燃焼にならないように、お互いの思いをすべて伝えきるようにするのは直接会って話すことが1番効果的のようです。

また外で話すようにしましょう。
もし別れ話で揉めたり、ヨリを戻そうと強く迫られたときのためにも、二人きりの環境で話合いをするのはよくありません。

cafeや、レストラン等で話合うことで彼氏も周りの目を気にして、乱暴なことをしたりはしないでしょう。また周りに人がいれば男のプライドが傷つくと思い、「もう1回考え直してよ」なんて情けないことを言わないでしょう。

 

STEP4:絶対に優しくしない

時々別れ話で「(彼女のことが)好きだけど別れよう」という話を聞くことがありますが、返って逆効果になることがあります。

傷つけまいと思って言っているのかもしれませんが、彼氏はまだチャンスがあるんだと思って別れを拒否する原因にもなります。

仮にあなたが相手を好きで別れなきゃいけない状況でも
いつもの優しいあなたではなく、少し冷たくしましょう。

なぜ別れるのか?相手をどう思っているのか?
好きなら相手の気持ちをしっかり理解して自分の心と話してみて下さい。
なぜ冷たくするのか?と。

 

STEP5:「終わりにするって決めた」と決意を伝える

すっぱりと言い切ることがポイント!
「別れよう」という決心をストレートな言葉にすることで、お互いに未練が残りづらくなるようです。

悲しんでいる彼氏を見るのは辛いかもしれませんが、ここは心を鬼にして厳しく接しましょう。
まわりくどく別れを告げたりすると、後々連絡が来て「ヨリを戻そう」とか「考え直してくれ」といわれるので、最初から「別れよう。もう無理」という風に、はっきりと別れを告げましょう。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加