恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

好きな人と”ヨリを戻す”には執着心をなくすことが大事

 

「復縁したい」
「ヨリを戻したい」

多くの人がもつ悩みだと思います。
今回は「復縁」という大きなテーマですが、復縁についての大事なことを男女の心理の違いも含めて、お話していこうと思います。

あなたは今、好きな人と一緒ですか?
一緒なら、その幸せを分けてほしいぐらいですが、(笑)
「夫がいるけど、そんなに好きって言う感情は…」
「別れたばっかり」
など現状に満足していないかもしれませんね。
それこそ、「復縁したい」「ヨリを戻したい」という状況かもしれません

もしあなたが今、「ヨリを戻す」ことを考えているなら、ちょっと質問です。
なぜ「ヨリを戻したい」んですか?
「何をばかな質問を」「好きだからだよ」
そんな声が聞こえてきそうです。
でも「復縁」ついて、ここが1番大事なんです。
順を追って話していきますね。

 

復縁しやすい人とは?

もし、あなたがこれまでの恋愛経験が豊富なら、「復縁」に自信があるのではないでしょうか?
復縁しやすい人は恋愛経験が多いです。
なぜか?
それは恋愛に対してフットワークが軽く、連絡もとりやすいからです。
良い意味でドライ。
引き際、去り際を熟知しています。
でもそんな人ばかりではありません。

 

復縁を成功させたいなら

復縁がうまくいかない人の共通点として、「焦り」があります。
別れを後悔している心境です。
もし、そんな状態なら、まずは感情を整理することから始まります。
そして彼への執着心をなくすこと!
ここかなり大事です。
わかってるけど、できないのが恋愛です。
そこはひたすら自分との会話になります。
今の現状、立場をわきまえること、ポジティブな自分になること、そして安易に連絡を取り合わないことです。
本当に「ヨリを戻したい」気持ちがあるなら、半年ぐらいは連絡しないことをオススメします。
なぜ半年の長い期間を置くのか?
これには男と女の違う心理状況が関係してきます。

 

男は「物事」、女は「感情」を記憶する

男性は、思い出を「物事」をベースに、女性は、思い出を「感情」をベースに記憶します。
男性は「物事」ベースの記憶をするため、時間が経てば別れるときのイヤな感情も忘れてしまいます。
半年の長い期間を設けるわけは、復縁の可能性が高まるからです。
男性は時間が経つことにより、付き合っていた頃の思い出のイヤな部分が消され、「デートをした」という“良い思い出”から思い出します。
過去を美化しやすくなる傾向にあるんです。
ただ、これはあくまで1つのテクニックにすぎません。
メールも状況によってはしても良いと思います。
ただ、『復縁したい』というような話はせずに、『元気? どうしてる?』程度の軽いメールを送りましょう。
文面はあっさりと、です。

 

復縁のことをもう一度考える

この長い半年という期間は、気持ちを整理するという期間でもあります。
もう一度考えてみましょう。
なぜやり直したいのか?
「やり直したい」という思いは、単純に理屈ではなく、自分にとって相手がどうしても必要な存在だった。と、いうこと。
“自分は本当に復縁したいと思っているのだろうか”という本心を確認してみてください

 

でも、もし復縁できなかったら?

ここでもう一度質問です。
なぜ「ヨリを戻したい」んですか?
そしてもう1つ質問。
どうして現在の状況になったのですか?

 

まとめ

頭を整理することは大事です。
そして「ヨリを戻す」と言う気持ちはあなたの主観的な気持ちであることをお忘れなく。
「復縁」は相手の気持ちありきです。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加