恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

「この人とは、ちょっと距離置きたい…」と思われた時の対処法

前回は「距離を置きたい人の特徴」をまとめました。
今回も(当てはまる人は)ちょっと胸が痛いかもしれません。

1自己主張ばかり
2相手を否定する
3プライベートに踏み込んでくる
4束縛しようとする支配的
5他の目的で近づいてくる

上記の5つが人が離れていく行動です。
ではなぜこの行動は人を不快にするのか、なぜ距離を置きたくなるのか?

それは心にその準備ができていないこともあります。
人は等身大の自分で付き合えない相手とは、一緒にいても楽しくないもの。
上記の5つのことを相手に伝えようとしても、それが出来ない「理由」があって、蓄積されています。
その「理由」とは「距離間」です。

例えばこんな感じ↓

1自己主張ばかり⇒「めんどくさい、つまらない⇒距離間を遠くしたい」
2相手を否定する⇒「自分も言われてるのか?と不信感⇒さらに2人の距離が遠くなる」
3プライベートに踏み込んでくる⇒「余計なお世話⇒距離間がつかめづらい」
4束縛しようとする支配的⇒「上司⇒言えない⇒距離間を遠くする」
5他の目的で近づいてくる⇒「営利目的⇒不信⇒距離感すら感じない」
※ 主観的要素もあります。ご了承ください。

上記の5つの行動をまとめると、「自分勝手・かまってちゃん」の言動が多いです。

 

改善方法

特徴で当てはまる部分があった方は、親しい人、大切な人が離れていく前に改善しましょう。

まずは「人は自分自身のことを常に考えている」ことを頭に常に思いましょう。
大人になっていくと、この感覚が鋭くなってくるものですが、自立できない人に多いのは、この感覚が乏しいということです。
発言するにしても、アウトプットするにしても、言わなくていいことは、心の隅にしまっておくこと。

 

思いやり

例えば、自分の話を全部だそうとしても、受け止める相手がいますか?
また、いたとしてその話を快く全部聞いてくれる余裕のある人、器の大きい人ですか?
聞いてもらったその人にどのように感謝の気持ちを返しますか?
その人は話を聞いてどう思ってると思いますか?

「思いやり」
私はそのように考えて、人との距離間を測るテクニックにしています。
相手を思いやる気持ちが大切なのは、そういう意味でもあります。
思いやりをもって自分を自分で助ける。
「距離を置きたい」と思った人に出会っても、自分がそう思われても。
「思いやり」は強力な武器です。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加