恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

好きな男性に“経験人数”を聞かれたときの返答

 

答えたくない場合

①可愛らしい返答でごまかす
1つは秘密主義にしてしまう方法です。
「そういうことは内緒」などミステリアスな感じでごまかします。
おそらく男性からは「いいじゃ〜ん、教えて」と言われる可能性があるので最後の手段。
「恥ずかしいから言いたくない・・」と赤ら顔で言っちゃいます。
返答しないことと、可愛らしさと両方伝わるので使えます。
冗談っぽく言ってしまうと、相手は聞き迫ってくるので、「言わない」という態度をしっかりと表した方が良いでしょう。

②冗談を言って返答をうやむやにする
例えば、「想像してみたら?」「何人だったらひくの?」など、セクシーにじらしてあげましょう。
男性は聞きたくてウズウズします。
会話も盛り上がるでしょう。
そして、どうしても聞きたい!という男性には「1人以上○◯人未満」と限定させてあげれば、男性は妄想を楽しむでしょう。
これ以上言いたくない場合は「あとはもう言わない」と言ってしまえばOKです。

 

答える場合

①正直に伝える
具体的に言わなくても良いと思いますが、正直に伝えて相手の反応を見るのも面白いと思います。
彼があなたのことを好きであれば、よほどの数ではない限り気にはしないでしょう。
気にする男であれば、それまでの男ということです。
この質問してること自体、男性はある程度受け入れる体制はできています。
そうでないならバカです(笑)

②「2〜3人」と適当にごまかす
「2~3人」と答える女性が多いようです。
その数が一番イメージ良さそうだからという意見が多いです。
無難なのは同世代の平均的な数字を言う方法です。
極端に人数をごまかしてしまうと、後々バレた時にドン引きされる可能性があるので、微妙なラインを言った方が良いと思います。

 

逆に男性の経験人数を聞きたいときは?

飲み会での猥談が良いタイミングでしょう。
男性とそこまでの仲なら自由に答えて良いと思います。
合コンなどなら、経験人数を言い合うイベントが起こる可能性が高いです。
その時に聞いてしまうとスムーズです。

 

まとめ

基本的男性には、夢を見させてあげましょう。
経験人数の有無なんて、その人を好きならば大したことではないです。
その“経験人数”をネタに好きな人と盛り上がった方がより良いでしょう。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加