恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

初めての会話で共通点を見つけるコツ〜これで合コンを盛り上げよう!〜

 

まずは相手を知ること

「会話はキャッチボール」とよく言われるように
あなたのコミュニケーション能力が問われます。
でも初めて合う異性には、会話の糸口が難しかったりします。
そんな時は「鉄板ネタ」を使って行きましょう!

 

話題の糸口を探す

以前ご紹介した話題の糸口「鉄板ネタ」はこちら↓

①スポーツの話
②芸能関係の話
③バイト・仕事の話
④お酒に関する話
⑤趣味の話
⑥兄弟姉妹の話
⑦映画の話
⑧出身県や方言の話
⑨ファッション・流行物の話

ここから話題を派生させていくととお話しました。
これが「会話はキャッチボール」をするための準備段階。
この話題の糸口がスムーズに行けば、相手との共通点が見つけやすいです。

 

意外に効果的な失敗談

「鉄板ネタ」で相手との会話がうまく行き始めたら、その話題の失敗談などを話すと効果的です。
話し方によっては、相手との距離がグンと近づきます。

 

例)①スポーツの話→学生の頃の部活話のケース

・ 同じスポーツをしていた場合(ex.バスケ)

 

女性:そのころ体力なくてさー、ジムとか行って走ってたー。でもだめだったー(笑)

男性:走るスポーツだもんねー

女性:今はどう?ジムとか行ってる〜?

男性:最近は・・うんちゃら

 

このような感じで、スポーツの話から彼の現在の近況をさりげなく聞いちゃいます。
うまい具合に話が進んだら、スポーツがらみのデートに誘うこともできます。

この会話には3つの効果があります。
1つ目は自分の失敗談を話すことで親しみを覚えること。緊張感がほぐれます。
2つ目は「共通点がすでに見つかっていること」
3つ目はデートに誘いやすい会話になっていること。

デート例)

・スポーツ観戦
・ 海でデート
・ ジムでヨガ
・ ウォーキングという名の散歩デート

などなど。
「失敗談」は共通点を見つける良いチャンスです。

 

面白ネタをストックしておく

会話が続くコツとして、「面白い人」を認識させるというのがあります。
面白い話をすれば、だいたい話は盛り上がります。

Q:面白い話なんて簡単にできないよ

A:面白ネタをストックしておくコツとしては、あなたのこれまでの経験の中で「この話をすると大体ウケる。」というものを覚えておくことが1つの方法です。
そして、笑うのに慣れること。
笑顔が素敵な女性も「テッパン」です。

面白い人=ユーモア
ユーモア=知的センスがある人です。
面白い話をできるようになれば、自然と共通点は見つかります。
あなたと一緒に笑ってくれれば、それだけで「笑いのセンス」が共通点とも言えますしね^^

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加