恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

いるいる!イタい女の特徴ワースト3

 

第3位:ボーイッシュ気取り?

一人称「僕」を使う女性はほとんどの男性に「痛いなこの子」と思われるでしょう。
女性であることに、なにかしらのコンプレックスやトラウマがあるのかもしれませんが、そこまでいくと精神病の域なので、「イタい女」どころではないですね。
男から性的対象にしか見られないのが苦痛で、わざと自分のことを“僕”と呼んでいるという人もいるそうです。

 

第2位:不幸自慢女

病んでることをなぜか自慢げに言ったり、不健康な自分をアピールしたりする女性です。
聞いてもないのに、「最近寝不足〜」
興味もないのに「怪我しました」とSNSを通して事後報告。
いわゆる「かまってちゃん」
恐らく「大丈夫?」と心配されたい、かまってもらいたいのでしょう。
これは周りにいる人は大変です。
特に親しくない人であれば、嫌悪感をあらわにするでしょう。
また「うつ」がステータスのであるかのように語るのでイラッとします。
「うつ」は病気です。
「リストカット痕を周りに見せびらかす」という人もいました。
笑えません。

 

第1位:ストーカーという愛情

異常な愛情です。
小学校のころ、好きな人の縦笛を持ち帰って◯◯する人がいた!というのはよく聞く話です。
大人になると、それは犯罪です。
子供時代でも気持ちが悪いんです。
大人がしたらどうでしょう?
イタいを通り過ぎて「恐怖」です。
社会に適合出来ていない人によくある傾向です。
また逆で、子供のころに本当の恋愛を経験していない人にも多いようです。
いわゆる「初(ウブ)」です。
経験がないだけに愛情表現がわからず、利己的で歪な愛になり、愛情が斜め上をいってるパターンです。

 

まとめ

“痛い女性”たちに共通するのは「特別視されたい」「かまってもらいたい」という心理です。
女性に限らず男性にも言えることですが、ほとんどの人が持っている「欲」です。
大事なのはアプローチの仕方を間違えないこと!
もし当てはまる人がいたら、自分がなにをしているのか、細かく認識してみて下さい。

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加