恋する女子の応援サイト

menu

男と女の深層心理「カタリテ」

「告白」は真っ向勝負?お酒に頼る男性が意外に少ない事実

 

「飲みに行こうよ!」
これは男女間で仲良くなる為の有効な手段です。
合コン、相談、交遊など、デートまでとは言わずとも、気になる人、好きな人と一緒になる良い機会を作れます。
特に日本では「まずお酒」と、社交辞令や仕事での役割が大きいこともあります。

 

本性が出やすい場も好都合

お酒は不思議な飲み物です。
お酒の席を一緒にすると、普段見られない素顔が見れたりなど、その人の本性がでたりします。
泣き上戸だったり、笑い上戸だったり、愚痴をいったり、全く変わらなかったりなど(笑)
あなたは変わりますか?
私は笑い上戸になります(笑)
つまらないギャグでも1人で大笑いしてます。
周りからしたら迷惑してるでしょうね(笑)
やはり、お酒にはそんな不思議な力があるのですが、気が大きくなって大胆な行動をする人もいますよね。
けど、意外な事実があるんです。
意外に少ない男性の「告白率14%」
勢いで「告白」しそうな男性が多そうに見えますが、実は意外に少ないそうです。
これはマイナビ会員の調査によるものですが、なんとお酒の力で告白した男性はわずか14%だそうです。
※ 会員のうち独身男性200人の男性に調査した結果です。
やはり多いのはコミュニケーションによって交際が進展したケースのようです。
多くの男性が「告白」に関しては真っ向勝負をしていることがわかりました。

 

恋が始まるキッカケにはなる

お酒は恋のスパイスかもしれません。
恋のキッカケになるケースが、飲みの帰り道での会話や、その一度の飲みをきっかけにデートなど、そのような状況が多いようです。

 

よくありがちな失敗談

よくあるのは擬似恋愛状態に陥って「なんかいいかも…」と思ってそのまま、と言うケース。
そして「目が覚めたら…」というケースです。
One night stand
一夜限りの付き合いで良いならそれでもかまわないかもしれませんが、人間関係によってはそうも言ってられない状況があるのはよく聞く話です。
もし、「飲みの席で調子に乗って(本性を出しすぎて)失敗した」」人は飲み方に気をつけた方がよさそうですね。
分別をわきまえて飲める人は男女問わずモテますし、バカをやってそうな人ほど、場を盛り上げるためだけで本当は冷静なこともあります。

 

まとめ

飲食を共にするということは、相手の本性、これまでの生き方も見えたりします。
相手を知る良い機会なので、サラッと相手の飲み方、食べ方、会話の仕方などを見ておくのも良いと思います^^

arrow_1header_111
bt_1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加